右の肉球をクリックしますと鳴きます。

2007年11月03日

運命の出会い

sC^P 001.jpg
(黒、黒白、白、茶、白の計5匹います。右の一番上の黒白がピィです。)

猫嫌いであった私が今は猫が大好きになったのはピィと出会ってからです。

それは運命の出会いでした。

私の妻の祖母が平成17年4月1日に亡くなり、妻はかなり落ち込んでいました。

6月のはじめ、我が家の物置でピィピィと鳥のような泣き声がするのに気がつきました。
それが、ピィとの出会いです。

のら猫が5匹子を産み、そのうちの3匹を連れて行き、次の日に1匹連れて行き、そのまま残されたのがピィです。
そのままでは死んでしまうので、保護したのです。

祖母の生まれ変わりではありませんが、妻がどうしても育てたいというので、やむを得ず育てることにしました。




posted by ピィのパパ at 13:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生まれたとき
120-60.jpg